テーマ:内面

月 影

  笑えなくなった   おかしいくらいに   泣けなくなった   悲しいくらいに   死にたくなった   月光に繋がれた   囚われの薄命
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

哀 悼

      24 25 26 27 28       29 30 31 32 33       34 35 36 37 38        39 40 41 と      私の人生 暗かった      どうすりゃいいのさ         この私 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

降 臨

  偶に現れる 君に魅せられて     彷徨っている 気がする      行き交ふ人もいない         絶望の淵
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吐 露

  昔 好きな人がいた  昔 親友と呼べる人がいた  自分から逃げ出す為に    全てを失った   一度 交差した線 二度 と交わることはない    「 さようなら 」  もう届かないけれど    大切に思ってる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔 話

 昔 見れなかった夕日を  今は ぼんやり眺めてる    昔 見ていた夢を 今は もう思い出せないでいる    昔 生きていた自分  今は もうどこにもいない
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷 点

    何もしたくない  好きなことも 嫌なことも  生きることも 死ぬことも     時に押し出され 過去 現在 未来 へと流れていく   完全受動体 心温零度
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

方 舟

何ものせるものもなく 何処へ行くあてもなく  ただ浮かんでる 景色は変わっても  心は変わらない 晴れの夜は 星を仰ぎ 雨の夜は 濡れている 頬を伝う雨を 涙と思い 忘れかけた感情 思いだす そうして紡いだ過去の海に  今日も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逢 月

     満月の夜更け     窓越しに君と会う     現在に別れを告げ     過去を抱きしめても       未来はない        なのに   優しい光で包み込んでくれる   だから どうか・・・消えないで
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

贖 罪

       「 とても 好きだよ 」            でも        「 愛しては いない 」       あの時から止まったまま       流されたどり着いたのは      快楽も苦悩も 何も無い世界            そして  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亡 骸

泣いて生まれてきた はずなのに  笑って迎えられた はずなのに   まだ 生きてる はずなのに    涙も笑みも こぼれない         なぜ      もしかして もう …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素 直

   見返りを求めない    優しさをもてたら 人は変われるのかもしれない    今は少しそう思いたい
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弔 詞

自分自身も 守るべき人も 何も無いのに 生きていくのは 思ったよりも 難しいな
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琴 線

  怠惰と惰性により 伸びきり もう何も響かない  なのにまだ残る感覚 これが生きてるってこと?   なら、いっそ切れて   無くなればいいのに
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜間飛行

 想い出へと trip できる 音楽と一緒に 真夜中の空へ  束の間の自由は やがて   夜明けとともに 現実へ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋 人

「人は思い出だけで生きてゆける」 「だから明日なんて来なくていい」          ・          ・          ・    「 そうかもしれないね 」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まごころ

聞こえないよ 心 閉ざしてたら 儚く消えていく 涙のこぼれる音
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

影 鬼

人の幸せに照らされて 姿を現す 醜き自分の影 隠し切れないほど大きくなり   やがて実体化する だからどうかそうなる前に   僕をつかまえて。。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚 無

夜をまとい 過去に身をゆだね 夜明けが 現実へと 引き戻す     何もないのに     誰もいないのに
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

望 郷

ノスタルジックな空の下  想い出を繋ぎとめる     言葉を探して     うつむき    立ち止まってる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陰 陽

陽 在る ゆえに 陰 在り  陽 無くば 陰 も無し
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

決 別

     もう 泣くことも 笑うことも    できません   残された時の中    生きる意味 考えるには 長すぎる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜 想

眠レナイ 夜ハ 過去ヲ再生シ    現在ヲ 生キテイル   ダッテ 未来 ナイカラ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜 行

行き場の無い 孤独と絶望に  背中を押され 夜になり    失った心と感情を   繋ぎ止める言葉を探して     朝を迎える 今はそうして 生きている
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神 様

 過去の呪縛から解放され   自由と安息を得ること  即ちそれは最期を意味する   その覚悟と引きかえに    現世で一瞬の光を    僕に見せてください
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対 岸

いつも同じ景色 自分も他人も 傷つかない 距離だけを残して
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憧 憬

   現実逃避の果て  無変化自由を手に入れ   何も感じない心を抱え    ゆっくり堕ちていく    唯一 思い出すのは 友と呼べる人がいた日々のこと
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視 線

相手の瞳に映る 自分がキライ         故に 交わることも無く うつむくだけ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砂時計

堕ちゆくのは 現在 積もりゆくのは 過去     そこに 未来は 存在しない
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日 常

 波風の立たない 想い出という水辺   ひとりたたずみ 今日もまた 船を出す 行くあてなどないのに
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇 夜

見えない月を探して 夜空を見上げるのは     キライ  自分と重なるから
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more