テーマ:四季

響 宴

夜更け過ぎ、気の合う仲間が集いし頃   何処からともなく始まる 演奏会      夏の終わりを告げる       どこかせつなげな         秋のメロディー
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋音色

あのうるさかったセミも いなくなると淋しく感じる そんなことを思いながら 夜中、開けた窓から聞こえた 秋の虫たちの鳴き声 季節の移り変わりを告げる 優しい音色
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命の水

真夏の夜更け過ぎ 街路樹に水をあげる 給水車、一台 誰が為でもなく水をあげる どこか優しい 真夏の夜の出来事
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迎え火

亡くなった人にも 帰る場所があるのは 幸せなコトだとおもう
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕 夏

暑さにさよならを告げ 西空に沈む夏の夕日 儚げな薄紅色を残し ゆっくり消えていく なんか好きです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏音色

暑さをつんざく蝉の声 涼を運ぶ風鈴の音 街の喧騒の中から 今日も聞こえる 夏音色
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紫陽花

蒸し暑い中、どこか涼しげな 佇まいで雨を待ってるキミは 六月の女神です
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑

雨上がり、窓から見える山 潤った木々が描く鮮やかな緑 「少しは前向きになってみようか…」 そう思わせるようなきれいな緑色
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

儚きもの

春 散った桜でできた花の絨毯 夏 夕暮れに聞こえるヒグラシの音色 秋 真夜中、天空に静かに姿を現す月 冬 積もることなく溶けていく雪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more